スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「リース」と「レンタル」の違い 車の場合のメリット、デメリットでわかりやすく

投稿日:2019年3月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

どちらも料金を支払って物を借りる事ですが、

リース:基本的に中期~長期使用で、中途解約ができない

レンタル:基本的に短期・一時的な使用で中途解約が可能

という違いがあります。

リースとは?

中期~長期的に使用することができ中途解約はできません。

リース会社と契約を結び、毎月一定の金額を支払います。

レンタルより割安なことが多く、期間が終了した後の

再リース料金はさらに割安になります。

 

機種などを指定し、自由に選ぶことが可能ですが、

クリーニングといった保守管理は借りた側が

行う必要があるため、維持費用がかかります。

レンタルとは?

短期・一時的に使用することができ中途解約もできます。

また、短期間であれば購入するより安く使用できます。

 

レンタル会社が保有しているものの中から借り、

例えば衣服のクリーニングや車検といった保守管理は

レンタル会社が行うため、維持費用がかかりません。

【スポンサードリンク】

車の場合のメリット、デメリット

【リースのメリット】

◯3年といった中期~長期的に借りることができ、

長期に使うのであればレンタルより割安

◯リース料金に「車検基本料」や「自動車税」などが

含まれることが多く、月々の支払いが一定

 

【リースのデメリット】
■契約時に月間の合計走行距離の上限が設定され、

オーバーすると追加料金となる場合がある

■途中解約ができない

 

【レンタルのメリット】
◯半日や2日~3日といった短期間でかりることができる

◯短期間であれば安く使用することができる

 

【レンタルのデメリット】

■利用頻度によっては割高になることがある

■使用のたびに予約が必要なため、

緊急で車が必要になった時にすぐに使用することができない

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.