スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「婦人科」と「産科」と「産婦人科」の違い 意外に知らないそれぞれの意味

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

女性が通院する医療機関である「婦人科」と「産科」と「産婦人科」ですが、「この症状の時はどの科に行けばいいのか?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?それぞれをざっくりと説明すると、

婦人科とは、主に女性生殖器に関する病気を対象とする医療分野のひとつを指します。

産科とは、妊産婦を対象として、妊娠と分娩を取り扱う医学の分野のことをいいます。

産婦人科とは、妊娠・出産を扱う産科と、女性生殖器に関する病気を扱う婦人科が合わさったものをいいます

【スポンサードリンク】

婦人科とは

婦人科とは、婦人科疾患を対象とする医術の分科のことをいいます。

一般的には卵巣・卵管・膣・子宮などに由来する疾患、不妊症や至急内膜症、女性生殖器の腫瘍性疾患、生理不順、性感染症、更年期障害などといった女性特有の疾患を専門としています。

妊娠の判定、胎児の心音の確認などは行うところもありますが、妊婦検診・出産(分娩)に関しては取り扱っていないため、途中で分娩を取り扱っている病院に転院することになります。

最近では出産を取り扱う医療機関が少なくなってきているため、妊娠判定からしばらくは婦人科に通っているという方も多いようです。

産科とは

産科とは、出産に関する医術の部門のことをいいます。

女性の妊娠から出産までを扱う医療機関であり、婦人科の疾患に関しては取り扱っていません。

産科には分娩施設があり、お産が終わるまで妊娠をサポートしてくれます。

【スポンサードリンク】

産婦人科とは

産婦人科とは、産科と婦人科が合わさったものです。

妊娠の準備や不妊治療、妊娠の判定、妊婦検診など、出産(分娩)に関すること、出産後の新生児の検診、育児などから、婦人科の疾患まで取り扱っている医療機関のことをいいます。

産婦人科には妊娠中の女性から年配の方まで、様々な患者さんが訪れます。

妊婦さんが多く訪れるため、マタニティ教室やマタニティヨガなど、妊婦さんに対するサービスを実施しているところもあります。

一般的には妊娠から分娩までをサポートしてくれますが、最近では人手不足や設備の問題、出産をサポートできる医師が所属していないなどの理由から、妊婦検診は受け付けているが分娩はできない、といった産婦人科もあります。

そういった医療機関では「産婦人科」の名前だけが残り分娩の受け入れはできない、という状態にあるようです。

最近では「レディースクリニック」という名前もよく耳にしますが、こちらは産婦人科と同じく妊娠から出産までを扱う医療機関の場合もありますが、「不妊治療」を専門にした医療機関などで「レディースクリニック」という名称が多く使用されているようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-医療・健康
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.