スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「硬水」と「軟水」の違い 日本はどどっちが多い?ダイエットや美容にいいのはどっち?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量を

数値化したものを「硬度」といいます。

硬水:日本では硬度が101以上の水のことです。

軟水:日本では硬度が100以下の水のことです。

日本の硬水、軟水分布図

日本の水はほとんどが軟水で、

ミネラルが少ない火成岩中心の地層であること、

険しい山脈が多いため、川から海への距離が

短いことが理由としてあげられます。

 

硬水は少ないですが、黒部ダム近くの洞窟や

沖縄県、また関東の一部では採水することができます。

【スポンサードリンク】

ダイエットに向いてるのはどっち?

硬水が効果的とされています。

ミネラルには身体の機能を維持したり

調整したりする役割があり、

さらに、脂肪を燃焼する効果があるため

代謝のいい太りにくい身体がつくられます。

 

また、硬水に含まれるカルシウムは

脂肪の吸収を抑える働きがあり、

マグネシウムには便を柔らかくする働きがあり、

便秘解消に効果的です。

 

ただ、ミネラルを多く含んでいる分飲みすぎると

胃腸に負担をかけてしまうこともあります。

美容にいいのはどっち?

軟水が効果的とされています。

軟水のミネラルバランスは人に近いとされています。

そのため体内への吸収がよく、飲むことはもちろん、

硬水と比べて刺激が少ないため洗顔や

シャンプーの際の利用も効果的とされています。

 

吸収されやすいため、こまめに飲むことで

ミネラルが血液などを通じて全身に栄養を運んでくれます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.