スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「ウォッチ(Watch)」と「ルック(Look)」と「シー(See)」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「ウォッチ」とは、特に動いているものを注意してみることを言います。
・「ルック」とは、意識して何かをみようとすることを言います。
・「シー」とは、風景など意識しなくても自然と視界に入ってくることを言います。

【スポンサードリンク】

ウォッチ(Watch)とは?どんなときに使う?

「ウォッチ」は、動いたり変化しているものを見続ける、観察することを意味します。

一定の時間、そのものに注意を向けているというニュアンスで使われます。

She is watching birds.=「彼女は鳥を見ている。」などと使われます。

ルックとの使い分けが難しいですが、ウォッチは「物体の動きをみる」と覚えるとわかりやすいでしょう。

ルック(Look)とは?どんなときに使う?

「ルック」は、あるものを見るために、意識的に視線を向けることを言います。

主に止まっているものを見る場合に使い、見たいものに視線を向けるという動作を表すときに使われることが多く、見たいものが必ず視覚にとらえられることを意味しているわけではありません。

Look at that building.=「あの建物を見て。」などと使われます。

ウォッチの使い分けが難しいですが、ルックは「物体そのものをみる」と覚えるとわかりやすいでしょう。

【スポンサードリンク】

シー(See)とは?どんなときに使う?

「シー」は、見るという意味で一般的に使われます。

自分から「見る」ときや、意識しなくても視界に入ってくる「見える」ということまで幅広い意味で使われ、基本的には自然に目に映る状態や、意識していなくても自然に見える状態を表しています。

ただし、映画や劇、名所などを見るときにも使われ、その場合は「意識して見ようとして見る」という意味でを持ちます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-英語・外国語
-, , , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.