スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「ツナ」と「シーチキン」の違い 意外と知らない理由

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

ツナ:マグロやカツオなどのオイル漬けや水煮の缶詰のことです。

シーチキン:はごろもフーズが商標登録しているツナ缶の商品名のことです。

ツナとは?

英語の「tuna」というマグロやカツオなどのマグロ属に

分類される魚の総称が語源で、オイル漬けと水煮の2種類の

加工法でつくられています。

 

オイル漬けは油とスープにつけたもの、水煮は油を使用せずに

スープと水で調理したものです。

また、ツナ缶はライトミールツナとホワイトミートツナの2種類に

分類でき、ライトミールツナは肉の色が淡い桃黄色で

キハダマグロやめばちマグロ、カツオが原材料となっています。

 

ホワイトミートツナは肉の色が白く、ビンナガマグロが原材料で、

ライトミールツナよりたんぱく質が良好です。

缶の中の形状も、ほぐさずに詰めたブロックタイプ、

大きくほぐしたかたまりタイプ、

フレーク状に細かくほぐしたフレークタイプ、

と種類があります。

【スポンサードリンク】

シーチキンとは?

1958年に、はごろもフーズが商標登録したツナ缶の商品名で、

「シーチキン」ブランドのツナ缶は日本国内で50%以上の

シェアを占めています。

 

「海のにわとり(sea chicken)」という意味のシーチキンは、

蒸したマグロが白く、肉質も柔らかく、味も鶏のささみに

似ていることから名づけられました。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.