スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「トイレ」と「化粧室」と「お手洗い」の違い 語源や由来を解説!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「トイレ」とはトイレットルームの略で、用を足す場所のことを言います。

・「化粧室」とは、デパートやホテルなどの公共の施設にあるトイレのことを言います。

・「お手洗い」とは、トイレの後は手を洗う習慣があるので、トイレのことを遠回しに表現した言葉です。

【スポンサードリンク】

トイレと呼ばれる語源・由来

「トイレ」は人間やペットが、用を足す場所のことを言います。

トイレは英語の「toilet room(トイレットルーム)」が語源となっています。

しかしアメリカの家庭やホテルでは、お風呂場とトイレが一緒になっていることが多く、一般的にトイレは「bath room」と表現されることが多いです。また休憩所という意味で「rest room(レストルーム)」と呼ばれることもあります。

化粧室と呼ばれる語源・由来

トイレの語源は英語の「toilet」からきており、toiletの語源はフランス語の「toirette」からきています。

フランス語で「toile」は布という意味で、小さいという意味の「ette」がついて「小さい布」という意味になります。

昔は、化粧台の上に化粧品を並べる際に台の上に敷いた布を「小さい布」と表現していた「toilette」という言葉が、徐々に化粧台そのものを意味するようになりました。

英語の「toilet」もフランス語同様、化粧部屋そのものを表す言葉として使われるようになり、日本でも「化粧室」と呼ばれるようになりました。

お手洗いと呼ばれる語源・由来

日本ではトイレの後に手を洗うという習慣が昔からあります。

神社の入り口にも手を洗う場所がありますが、それを「御手洗(みたらい)」と呼びます。

日本人は昔から衛生観念が強かったため、トイレの後は必ず手を清めましょうという意味で「御手洗(みたらい)」と呼ばれていましたが、徐々に「お手洗い」に変わっていきました。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-建造物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.