スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「飛ぶ」と「跳ぶ」と「翔ぶ」の違い 意味と使い分け

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「飛ぶ」とは、空中を移動するときや速く移動するという意味で使われます。

・「跳ぶ」とは、地面をけって高くあがるという意味で使われます。

・「翔ぶ」とは、空高くとぶ、翼を広げてとぶという意味で使われます。

【スポンサードリンク】

飛ぶの意味と使い方

「飛ぶ」は、空中を移動することを表す言葉です。

「鳥が空を飛ぶ」や「飛行機が飛ぶ」などと使われます。また、速く移動するという意味もあり、「家を飛び出す」や「車を飛ばす」などとも使われます。
加えて広まるという意味や、宙を飛ばして進むという意味もあり、「うわさが飛ぶ」や「飛び石」「飛び級」などと使われることもあります。

また、「火花が飛ぶ」など「散る」という意味や、「やじが飛ぶ」など「大声などを発する」といういみで使われる場合もあります。

【スポンサードリンク】

跳ぶの意味と使い方

「跳ぶ」は、足で地面を蹴って体を空中に浮かすことを表す言葉です。

「走り幅跳び」「縄跳び」「跳び箱」「カエルが跳ぶ」などと使われます。

いわゆる「ジャンプ」のことを「跳ぶ」と表現します。

中部地方の方言としえ「走る」という意味もあります。

翔ぶの意味と使い方

「翔ぶ」は、空高く跳ぶということを表す言葉です。

翔ぶを「とぶ」と読むのは常用漢字での読み方ではなく、基本的には「飛ぶ」と同じ意味で使われます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.