スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「自然」と「天然」の違い 使い方と英語の場合の区別

投稿日:2019年1月13日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

状態と性質の違いです。

「自然」は、人間の手が加わっていない状態を示す言葉です。

「天然」は、人間の手が加わっていない性質を示す言葉です。

自然の使い方と英語の場合

「自然」は、人為的な手が加えられていない

「ありのままの状態」です。

 

太陽、月、空気は、全く人工的な手が施されていない

「ありのままの姿」ですから「自然」になります。

 

人間でも自分本来の着飾らない姿を見せる時に

「ありのままの自分を見せる」ときに使われれます。

 

日本語として使う時には、形容詞、副詞として使います。

「人工」の対義語です。

 

例)

・自然と笑みがこぼれた。

・自然の空気を満喫した。

・自然解凍したお肉を食べた。

・自然の中で子供と遊んだ。

 

「自然」を英語に訳すと「nature」です。

以下のような意味があります。

 

・自然界

・手つかずの自然

・文明の影響を受けていない原始生活(状態)

・生まれつきの自然な姿

・人や物の本質・特徴・本性

 

【スポンサードリンク】

天然の使い方と英語の場合

「天然」は、人為的な手が加えられていない

「ありのままの性質」です。

 

また、勘違いや思い込みなどの強い性格や普通の感覚と

少しズレているいるような人に対しても

「天然」という言葉を使うことも多いです。

 

日本語として使う時には、形容詞として使われます。

「化合・加工・養殖・人工」の対義語です。

 

例)

・天然の魚をはじめて食べた。

・天然素地の生地だから肌になじみやすい。

・天然温泉に入ってくつろいだ。

・あの人は、天然キャラだね。

 

「天然」を英語に訳すと自然と同じく「nature」です。

「nature」には、「自然」と「天然」の2つの意味が含まれています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.