スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「端午の節句」と「こどもの日」の違い それぞれの由来や食べ物

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

【端午の節句】
端午の「端」は月のはじめという意味で、「午」は、干支でいう「うま」であり五月を意味しています。最初は五月の最初の日をお祝いする行事でした。

【こどもの日】
1948年に国が端午の節句の日を「こどもの日」と定めたものです。

【スポンサードリンク】

端午の節句とは?由来や食べ物

端午の「端」は月のはじめ、「午」は五月を意味しています。

それが「午」が「ご」と発音されることから、5月5日が端午の節句として定着しました。

加えて江戸時代に、「武」を重んじる「尚武」と「菖蒲」が同じ「しょうぶ」と読むことから、端午の節句は、武家の間で家の後継ぎとして生まれた男の子の成長を祈って「尚武の節句」として広まりました。

端午の節句に飾られる兜は、自分の身を守る大切な道具であり、大切な子供を守ってくれるようにとの願いを込めて飾られます。

鯉のぼりは、鯉は生命力の強い魚であり、急流を登り、滝を登って竜になって天に昇るという中国のい伝えから、子供が立派に成長するようにと出世を願って飾られます。

端午の節句にいただく「ちまき」は、形が蛇に似ており、邪気を追い払うという中国からの言い伝えがあります。

また、日本独自の習慣である柏餅は、柏の葉は新しい芽が出ないと古い葉が落ちないので、「子供ができるまでは親は死なない」という子孫繁栄を願って食べられています。

ぶりの照り焼きも有名です。

ぶりは、成長とともに名前が変わる出世魚で、子供の出世を願って食べられています。

また、すくすくと大きく成長するように「タケノコ」や、勝つ男にあやかって「カツオ」を食べたりと、子供の成長を願って縁起のいいものをいただきます。

【スポンサードリンク】

こどもの日とは?由来や食べ物

こどもの日は、端午の節句の日に

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母親に感謝する」

を趣旨として、国が設定しました。

大正時代に「自動愛護デー」として活動をしていた団体が、国会にこどもの日を祝日としてほしいと請願し、5月5日を希望するものが多かったのも理由の一つです。

こどもの日は、子供も簡単に読めるようにひらがなで表記されているとの説があります。

かつては端午の節句だったこどもの日。

その名残から、男の子の節句として男の子がいる家庭では兜や鯉のぼりを飾ることが多いですが、最近では、男の子も女の子も一緒にお祝いをする日として、定着してきています。

こどもの日には、端午の節句同様「ちまき」や「柏餅」を食べる風習があります。

ちまきや柏餅を食べるのには、先ほど端午の節句のところでご紹介した通りですが、柏餅には葉の巻き方によって違いがあります。

葉の表側で巻いているものは味噌餡、葉の裏側で巻いているものは小豆餡と、外から見ただけで中身が分かるようになっています。

また、ちまきはお餅を葉で包んだものを、中国からの言い伝えで邪気を払う五色の紐で縛っていました。この五色の紐の色が、鯉のぼりの色のルーツになったとの説があります。

地域によって食べるものも違い、九州では灰汁につけたお餅を竹の皮に包んだ「あくまき」という和菓子を食べる風習があります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-文化・行事
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.