スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「スーパー」と「モール」、「百貨店」と「デパート」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「スーパー」と「モール」、「百貨店」と「デパート」の違いをざっくりと説明すると、

【スーパー】
日本チェーンストア協会に加盟しているスーパーマーケットのことをいい、主に食品・日用品を販売している量販店のこと。

【モール】
ショッピングセンター(日本ショッピングセンター協会に加盟している商業施設)に加えて、アウトレットや大型百貨店なども含む巨大商業施設。

【百貨店】
日本百貨店協会に加盟している複数の分野の専門店を統一的に運営し、それら専門店を面積が広い大規模な店舗に集約、多種類の商品を展示陳列して販売する小売店のこと。

【デパート】
百貨店と同じ。百貨店を英語で「デパートメント・ストア」といい、その略称。

となります。

【スポンサードリンク】

スーパーとは?詳しく解説

「スーパー」とは、「スーパーマーケット」の略称で、英語で“市場”を意味する「マーケット」に“超える”という意味の「スーパー」が合わさった「伝統的な市場を超えるほどの商店」という意味で作られた造語です。

特定の品目を専門的に扱うのではなく、幅広い品目(食料品や日用品など)の商品をセルフサービスで短時間で取り揃えることができる小売業態のことを指します。

狭義では食料品や日用品の販売が主体となっているものを指しますが、日本では総合スーパー、食品スーパー、衣料スーパーといったように、セルフサービスの総合店を指していることが多いようです。

モールとは?

「モール」とは、「ショッピングモール」のことをいい、「ショッピングセンター」とも呼ばれています。

複数の小売店舗やフード・サービス・美容院・旅行代理店などの第4次産業なども入居する商業施設のことを指します。

“モール”は並木やベンチなどのある遊歩道のことで、歩行者専用の買い物広場や遊歩道などのある大規模な商店のことを「ショッピングモール」といいます。

【スポンサードリンク】

百貨店、デパートとは?

「百貨店」と「デパート」は同じ意味で、「デパートメントストア」のことをいいます。

日常生活品を中心とした、多種多様な商品を取り扱い、販売促進・サービス向上・会計の合理化などの目的で経営組織を部門化し、それらが一企業として総合的に運営されている集中的大規模経営の小売商または店舗のことを指します。

数階建ての大型の建造物が一般的で、7階建て前後が主流で、各階毎に商品のジャンルをまとめ、専門の販売員を配属し販売が行われています。

地下には食品専門店街があることが多く高級志向の惣菜やスイーツなどが売られており、“デパ地下”として人気を集めています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-建造物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.