スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「すみません」と「すいません」の違い 正しいのはこれ!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

ごめんなさい・申し訳ありませんなど、依頼や呼びかけの際に用いる言葉に「すみません」という言葉がありますが、「すいません」か「すみません」どちらを使用していますか?会話では「すいません」を使う人が多いかもしれませんが、どちらが正しいのでしょうか?ざっくりと説明すると、

「すみません」
骨を折らせたり、世話をかけたりする時(した時)に、その労をねぎらい、相手への謝罪・感謝・依頼の気持ちを込めて言う言葉のことをいいます。

「すいません」
「すいません」は「すみません」の俗な言い方のことです。

【スポンサードリンク】

すみませんとは

すみませんとは、動詞の「済む」に打ち消しの助動詞「ぬ」がついた「すまぬ」の丁寧語「すみませぬ」が原型で、打消しの「ぬ」を「ない」に変換した「すまない」が語源といわれています。

「済む」は「澄む」と同源で、濁りや混じりけがなくなるといった意味の「澄む」、仕事が済む、終了するなどの「済む」から、「気持ちがおさまる」「気持ちがはれる」といった意味があり、この「済む」を否定したもの「義理や申し訳が立たない」の意であり、そこから謝罪やねぎらいの言葉となったといわれています。

相手への謝罪の際に使用する「すみません」は、相手に失礼なことをしてしまい、このままでは自分の気持ちが「澄みきらない」ことを表します。また、「すみませんが○○してください」「ちょっとすみません」などの、依頼や呼びかけの言葉は、軽い謝罪の意味からきているといわれています。

「すみません」は文語体であり、メールや手紙など文字で表す時は「すみません」が正しいといえます。

すいませんとは

すいませんとは、謝罪や感謝、依頼や呼びかけの意味の「すみません」の俗な言い方のことで、「すみません」を崩した言い方とされています。

元々「すいません」は江戸の下町の方言だったといわれていますが、現在では「すみません」の口語体として定着しています。「すみません」はマ行のミとマが連続していて発音しにくいため「すいません」と変化していったといわれています。

文章で表す書き言葉としては「すみません」が正しいといえますが、話し言葉で使用する場合は「すいません」でも間違いではないといえます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.