スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「ステレオ」と「コンポ」と「オーディオ」の違い 使い分けを解説

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「ステレオ」とは、テレビやラジオなどで音に立体感が得られるように音響を再生する方式やその装置のことを言います。

・「コンポ」とは、コンポーネントの略称でチューナーやアンプ、プレイヤー、スピーカーなどがそれぞれ単体で自由に組み合わせができるもののことを言います。

・「オーディオ」とは音楽を聴くための機器のことを言います。

ステレオとは

「ステレオ」は、ステレオフォニックの略で左右二つのスピーカーで音を再生する方式、またはステレオ再生するための装置のことです。

人間を含む多くの生物が、左右の耳で聞く音、音量の差などから音源の位置や距離、方向などの情報を得ています。

つまり、左右二つのスピーカーで独立した音声を再生し、それによって臨場感や立体感を増す効果があります。

【スポンサードリンク】

コンポとは

「コンポ」はコンポーネントオーディオの略で、アンプやチューナーデッキ、スピーカーなどが単体で自由に組み合わせることができるオーディオセットのことです。

最近では技術の向上により、小さいサイズのミニコンポが販売されており、多くがアンプやプレーヤー、スピーカーなどがセットで販売されています。セット販売なので、デザインの統一性がとりやすく人気です。

オーディオとは

「オーディオ」は、音楽などの音を再生したり録音する装置や、その装置を使って音を楽しむことを言います。

英語では「音声の」という意味で「audio」といい、語源はラテン語で「聞く」を意味する「audire」です。主に「人間に聞こえる音」を表しています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-物品
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.