スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「総理大臣」と「首相」と「大統領」の違い 意味と使い方

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

国によって「大統領」がいる国や「首相」がいる国、両方存在する国などがあり、また、日本では「総理大臣」という言葉もあります。それぞれの言葉の違いは何なんでしょう?ざっくりと説明すると、

【総理大臣】
内閣の首長であり、国会議員の中から国会の議決で指名され、天皇によって任命されます。国務大臣の任免権を持ち、内閣を代表して議案を国会に提出、一般国務及び外交関係について国会に報告し、行政各部を指揮監督します。

【首相】
「首席宰相」の略であり、主に国家の行政府における「首席の大臣」を意味します。日本においては「内閣総理大臣」の通称であり、その国の行政のトップのことを指します。

【大統領】
共和制国家においての国家元首のことで、その国の三権(行政・立法・司法)全てにおいて権限を有しています。基本的に国民投票によって選出されます。

【スポンサードリンク】

総理大臣とは?意味と使い方

総理大臣とは正式には「内閣総理大臣」といい、日本国において行政権の属する内閣の首長のことをいいます。

国会議員の中から議決で指名され、これに基づき天皇によって任命されます。

内閣をまとめ、最終的な責任を持つのが総理大臣となります。緊急時の権限は総理大臣にのみ与えられますが、大統領とは違い、各省庁ごとに権限を分散して大臣が受け持ち、内閣で話し合いにより権力の暴走を防いでいます。

諸外国では「総理大臣」という呼び名はないため、国際的な呼称でもある「首相」を通称としています。

日本においては「元首は天皇」ですが、天皇は国の象徴であり、権限は持たないため、総理大臣が実質的な「国のトップ」といわれています。

首相とは?意味と使い方

首相とは、その国の行政の実務のトップのことをいい、日本では「総理大臣」のことを指します。

大統領や国王が存在している国では「国の元首」ではない場合もあり、国王が政治に関する権限を持つ国では、首相はそれを補佐する役目を担い、また、大統領が元首となっている国では、大統領と権限を分担していることがあります。

大統領と首相が存在する国は、フランス・ロシア・韓国などがありますが、その関係性は国によって異なります。

ロシア・韓国は大統領が圧倒的な権力を持ち、国内の細かな仕事を首相が担当しています。フランスの場合は、外交は大統領、内政は首相というように役割が分担されており、共に政治の実権を握っています。

【スポンサードリンク】

大統領とは?意味と使い方

大統領とは、大統領制を採用する国における「国家元首」及び「政府の長」のことをいいます。

大統領(presidentプレジデント)とはラテン語で「主宰する」という言葉が語源となっており、アメリカが発祥といわれています。

ほとんどの国が王様が国を治める「君主制」を採用するなか、建国の際王様が存在しなかったアメリカは、国民全員で国を動かす「民主制」を採用。国民に選ばれたその国の「元首」を「大統領」と呼ぶようになったといわれています。

アメリカ以外でも大統領制を採用している国は数多くありますが、権限はその国によって異なり、大統領と首相の両方が存在する国などの場合は、権限は分担されていることが多いようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.