スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「賞味期限」と「消費期限」の違い 定義や決め方、法律ではどうなってる?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「賞味期限」と「消費期限」。食品を買う際にチェックする方も多いと思いますが、2つの言葉の違いをご存知ですか?それぞれをざっくりと説明すると、

【賞味期限】
比較的劣化が遅い食品を、包装状態のまま所定の環境に置いた状態で、製造者が安全性や味、風味などの全ての品質が維持されると保証する期限のことをいいます。

【消費期限】
製造者が定めた、ある保存方法で概ね5日間経過すると品質劣化する長期間保存することのできない食品の、食用可能期限のことをいいます。また食品以外で、製造者が定めた、化学変化を利用したり、時間の経過によって想定外の化学変化の発生する工業製品の期限のことをいいます。

【スポンサードリンク】

賞味期限とは?定義、決め方

賞味期限とは、開封していない状態で、表示されている保存方法に従い保存した際に、美味しく食べられる期限のことをいいます。賞味期限が過ぎても食べられなくなるというわけではありません。

日本においての賞味期限は、食品衛生法やJAS法で定められているところの

「その食品を開封せず正しく保存した場合に、味と品質が十分に保てると製造業者が認める期間(期限)」

であり、求められる衛生面での安全性や味・風味などが維持される期限のことです。

スナック菓子・カップめん・チーズ・缶詰・ペットボトル飲料など、消費期限に比べいたみにくい食品に表示されています。

基本的には「年月日」の表示ですが、缶詰やレトルト食品などの長期保存(3ヶ月以上)可能なものは、年月で表示されている場合もあります。

砂糖や塩、アイスクリーム類、氷、調味料、チューインガムなどの、特に長期の保存が可能なものについては、賞味期限は省略されている場合があります。

賞味期限の決め方は、各食品メーカーに任せられています。一般的には、

・一般生菌の数や繁殖、有害菌の有無などを調べる微生物検査
・油脂の酸化度合いや酸性度合(ph)、濁り・粘り・色などを調べる理化学検査
・実際に食べてみた時の食感や味、臭いなどを評価する官能検査

上記の3つの検査を行ったうえで決められています。

【スポンサードリンク】

消費期限とは?定義、決め方

消費期限とは、食品衛生面での安全性に問題の出やすい生鮮食品や加工食品などに対し、袋や容器を開封しないで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に「安心して食べられる期限」を設定し、表示されるものを指します。

消費期限は賞味期限と違い、期限を過ぎたら安全性を欠くことがあるので、食べない方が良いという意味です。

日本においての消費期限は、食品衛生法や農林物質の規格化および品質表示の適正化に関する法律(JAS法)上で定められたもので、概ね5日以内に品質面で著しい品質の低下が認められる食品や食材は、旧表示方法である「製造年月日表示」にかわり、消費期限表記が義務付けられています。精肉・刺身・パン・生菓子・弁当・惣菜などに表記されています。

消費期限が短いものについては、年月日に加えて時刻まで表記されているものもあります。

消費期限の決め方は、消費期限と同様に微生物検査・理化学検査・官能検査を行い、各食品メーカーが決定しています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.