スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「所得」と「給与」と「給料」の違い 意味と使い分け

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「所得」とは会社員の場合、給与から税金など社会保険料を差し引く前の金額を収入と言い、この収入から必要経費(控除額)を差し引いたものを言います。

・「給与」とは、給料に残業手当や住居手当を足したものに加え、ボーナスなど会社から受け取る報酬全部のことを言います。

・「給料」とは、残業代や退職金を算出するベースとなる「基本給」と呼ばれるもののことを言います。

【スポンサードリンク】

所得とは?

「所得」はサラリーマンの場合、給与から社会保険料控除や住宅ローン控除、扶養控除などの税金をかける対象にならないお金をすべて差し引いた、税金がかかってくる残りの金額のことを言います。

個人事業主の場合は、売り上げから経費を引いて残ったお金が所得になります。

給与とは?

「給与」は雇用契約に基づいて、雇用主から従業員へ定期的に支払われる労働の対価報酬のこと言います。

給与には諸手当やボーナスなど、雇用主から支払われるすべてのものをさし、労働基準法などの労働法では「賃金」、健康保険法などの社会保険では「報酬」と呼ばれます。

つまり、

基本給+残業手当、役職手当など=給与(賃金、報酬と同義語)

となります。

【スポンサードリンク】

給料とは?

「給料」は毎対会社から支払われる、各種手当などを除いた「基本給(本給)」のことを言い、給与との違いは手当が含まれない点です。

定期昇給などのベースアップは、基本給(給料)が上がることを言い、退職金や残業代は、基本給をもとに算出されます。

給料に関する計算は、通常最初に定められていますので基本給がコロコロ変動することはありません。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.