スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「初夏」と「立夏」の違い いつ頃の時期をさすの?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「初夏」とは、夏のはじめごろを表す言葉です。
・「立夏」とは、夏の始まりの日を表す言葉です。

【スポンサードリンク】

初夏とは?時期はいつ頃?

旧暦では、節分から三カ月ごとに季節が区切られていました。さらに、三カ月の中でも季節の呼び方があり、「初夏」は旧暦の四月を指す言葉として使われており、旧暦の四月は今でいう五月を言います。

加えて季節の節目を知るために設けられた二十四節気では、初夏は立夏から芒種(ぼうしゅ)の時期を言い、一般的に五月上旬から六月上旬を初夏と呼びます。

したがって、手紙などで「初夏の候」と書くことがありますが、「候」とは「季節となりました」との意味であり、「初夏の候」と書くのは五月上旬から六月上旬の時期に限定されます。

【スポンサードリンク】

立夏とは?時期はいつ頃?

立夏とは夏の始まりの日を意味し、二十四節気の七番目のことで、旧暦でいえば三月後半から四月前半を指します。

新暦でその期間は、五月五日頃から次の節季「小満(しょうまん)」の前日五月二十日頃までを立夏と言います。今でいうゴールデンウィークから始まり、行楽シーズンの時期だと考えるとわかりやすいでしょう。

ジメジメとした暑さを感じ、陽ざしが強くなり春の穏やかさよりも夏を感じるようになった、いわゆる「夏らしくなった時期」、夏の気配を感じるころが立夏の時期です。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-文化・行事
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.