スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「スカーフ」と「マフラー」と「ストール」と「ショール」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「スカーフ」、「マフラー」、「ストール」、「ショール」。主に女性が首や肩などに巻くものですが、違いを理解して使い分けている方は少ないのでは?これらの違いをざっくりと説明すると、

【スカーフとは】
カシミヤやウール、毛糸を編んだものなどでできた防寒用の襟巻き。

【ストール】
毛皮・ウール・毛糸・絹・レースなどでできた女性用の細長い肩掛けのこと。

【ショール】
肩にかけたり頭からかぶる、防寒や装飾用の布のこと。通常は四角形をした布で、三角形になるように折って使用する。

【スポンサードリンク】

スカーフとは?


スカーフとは、主に女性が首に巻いたり頭を覆ったり、襟元から見せたりベルトのように結んだりした使用する大判の正方形の布のことをいいます。

絹や綿、化学繊維などの薄手の生地でできたものが多く、セーラー服の三角形に折って襟の下に巻いてあるのもスカーフになります。防寒用ではなく装飾品として使用されます。

マフラーとは?


毛糸やウールなどでできた防寒用の細くて長い襟巻きのことをいいます。毛糸を編んだものや厚手の生地のものが多く、一般的には防寒用として冬に使用されます。

「包む」「覆う」などの意味を持つ英語の「muffle」が語源とされています。

ストールとは?


ストールとは、長方形の細長い肩掛けのことをいい、防寒とアクセサリーを兼ねています。

毛皮やウール・綿・レース・絹など、様々な素材のものがあり、マフラーよりも大判で幅が広いものが一般的ですが、細くたたんでマフラーのように使用することもあるようです。

ショールとは?


ショールとは、肩を覆うほか、頭や腰に巻く女性用の肩掛けのことをいいます。

毛織物、木綿、絹、ナイロン、毛糸、毛皮など様々な素材があり、形も正方形や三角形、長方形のものなどがあります。

一般的には四角形のものも三角形に折り、頭巾のように頭にかぶったり、肩に掛けて使用します。マフラーやストールよりも大判で厚手のものにを「ショール」と呼ぶことが多いようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-ファッション
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.