スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「利子」と「利息」と「利回り」と「金利」の違い 意味や使い分けを解説!

投稿日:2019年3月15日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

利子:金額を指し、借りた際に支払うお金のことです。

利息:金額を指し、貸した際に受け取るお金のことです。

利回り:率(%)を指し、投資した資金に対しての利益の割合のことです。

金利:率(%)を指し、資金に対する利子・利息の割合のことです。

利子とは?

お金を貸し借りした際に一定の割合で発生するお金のことです。

 

・利子をつけてお金を返す

・ローンの利子を払う

 

といったように、

借りたお金に対して支払うお金のことを指して使用します。

【スポンサードリンク】

利息とは?

意味自体は利子と同じですが、

 

・貸したお金に利息がつく

・預金に利息がついた

 

といったように、貸したお金に対して

受け取ることのできるお金のことを指して使用します。

 

ただ、銀行預金で受け取れるのは利息ですが、

ゆうちょ銀行受け取れるのは利子というように

金融機関によって呼び方が違うこともあります。

利回りとは?

投資した資金に対してどれくらい利益があったか、

という割合を指す言葉です。

 

・10万円の投資をして5万円の利益があったので利回りは50%だ

 

というような使い方をし、投資先を選択する際に

どちらが良いのか決めるための指標になったりもします。

【スポンサードリンク】

金利とは?

利子や利息と同じように金額そのものを

指す言葉としての意味もありますが、

 

・このクレジットカードのキャッシングは金利15%だ

 

といったように、

一般的には貸借する金額に応じた利子・利息を

もとめる率という意味で使用します。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.