スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「おしるこ」と「ぜんざい」の違い 関東と関西で定義が違う!?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

小豆を砂糖で煮た食べ物「おしるこ」と「ぜんざい」。この2つは関東と関西でも大きく使われ方が違うようですが、ざっくりと説明すると、

おしるこ:小豆などを砂糖で甘く煮た小豆汁の中に、餅や白玉団子、栗の甘露煮などを入れた食べ物のこと。

ぜんざい:「善哉もち」の略で、豆(主に小豆)を砂糖で甘く煮た食べ物のこと。

【スポンサードリンク】

おしることは?関東と関西の違い

おしることは、小豆の餡(あん)を水で延ばして汁として砂糖を加えて煮て、餅や白玉などを入れた食べ物のことをいいます。

おしるこは「汁粉」と書き、由来は諸説ありますが、

・古くは「汁」は“つゆもの”、「粉」は“実”をさし、具の入った汁を総じて「汁粉」と呼んでいたことから。
・「粉」状のこし餡を水で延ばした「汁」に餅や白玉を入れることから「汁粉」と呼ばれるようになった。

などの説があります。

おしるこは餡の違いによって区別され、こし餡を使用したものが御前しるこ、つぶし餡を使用したものが田舎しること呼ばれています。関東では小豆餡の汁物全般を「おしるこ」と呼びますが、関西ではこし餡を使用したものを指します。

ぜんざいとは?関東と関西の違い

ぜんざいとは、主に小豆を砂糖で甘く煮たものの中に、餅や白玉団子、栗の甘露煮などが入った日本の食べ物のことをいいます。一般的には豆の原型があるものを指します。

ぜんざいの語源は諸説ありますが、

・仏教用語で「善哉」は「喜び祝う」という意味があり、年の初めに神聖なる餅を食べて祝い、その餅を「善哉餅」とし、これを小豆汁に入れたものを後に関西で「善哉」と呼ぶようになった。
・ぜんざいは一休宗純が最初に食べたとされており、その時に「善哉(よきかなという意味)」と叫んだことから。
・出雲地方の神事「神在祭」で振舞われた「神在餅」の「じんざい」がなまり「ぜんざい」と変化した。

などの説があります。

関東では栗餅、道明寺餅、白玉餅などに濃い餡をかけた汁気のないものを「ぜんざい」と呼んでいますが、関西では粒餡を使用した温かい汁物のことを「ぜんざい」と呼びます。汁気のないものは関西では「亀山」や「小倉」と呼ばれています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.