スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「オープン価格」と「定価」と「希望小売価格」の違い それぞれの意味

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

商品の値段の表示方法に「オープン価格」と「定価」と「希望小売価格」というものがありますが、それぞれの違いをご存知ですか?ざっくりと説明すると、

【オープン価格】
価格の設定を卸売業者や小売業者の裁量に任せた商品売価のことをいいます。

【定価】
メーカーがあらかじめ定める、値上げや値引きが一切認められていない小売価格のことをいいます。

【希望小売価格】
メーカーなどが小売業者に対し「このくらいの価格で販売してほしい」という販売参考小売価格のことをいいます。

【スポンサードリンク】

オープン価格の意味

オープン価格とは、販売する商品に対して、メーカー側が希望小売価格を具体的に定めていないもののことをいい、最初から販売価格を小売業者に一任したもののことをいいます。

家電製品、カメラなどの耐久消費財に多く導入されています。

販売価格を小売業者が自由に設定できるため、目玉商品として利益マイナスの価格設定を行うこともできます。このため、同じ商品であっても販売店によって値段の差がつく場合があります。

【スポンサードリンク】

定価の意味

定価とは、あらかじめ定められている販売価格のことをいいます。

以前はメーカー側が小売業者に商品を卸す際につけた値段のことをいいましたが、最近ではメーカーが小売業者に対し商品の販売価格を指定し、その維持を守らせる価格を意味することが多くなっているようです。

定価という名の販売価格を小売に維持させる行為は、独占禁止法で禁止されていますが、一部の業界では「再販制度」として通用しています。現在日本で再販制度が利用されている商品は、書籍・新聞・CDなどの著作物とタバコの2種類となっています。

希望小売価格の意味

希望小売価格とは、商品を製造するメーカーや輸入する代理店などが、自己の供給する商品について設定した販売参考小売価格のことをいいます。

メーカーなどが「このぐらいの価格で売って欲しい」と希望する価格を設定するもので、安売り合戦などで価格が大きく崩れることを防ぎます。

最近では量販店の進出が増えてきたため、小売間の価格競争が激化し、実際の販売価格が大きく下落するようになりました。このため、希望小売価格を廃止したオープン価格が導入されるケースが増加しているようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.