スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「餃子の王将」と「大阪王将」の違い 元々は親族だったってホント!?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

餃子を中心とした人気中華料理店の「餃子の王将」と「大阪王将」。どちらも同じ「王将」ですが、お店のロゴなども違っていてまったく別の店舗ですよね。それぞれどのような違いがあるのか、ざっくり言うと

【餃子の王将】
株式会社王将フードサービスが運営する餃子を中心とした中華料理チェーン。本社は京都にあり「京都王将」と呼ばれることもあります。

【大阪王将】
イートアンドが運営している中華料理チェーン。大阪を中心に日本全国、海外にも進出しており、東京に本社があります。

【スポンサードリンク】

餃子の王将とは

餃子の王将は、京都府京都市山科区に本社がある株式会社王将フードサービスが、京阪神地区を中心に全国展開する餃子を中心とした中華料理チェーンの名称です。

創業は1967年、京都四條大宮に1号店が誕生しました。「王将」「京都王将」などとも呼ばれています。

赤・黄・緑のラインを使用した看板や「餃子の」という名称は、京都王将のみ使用が認められているそうです。

お店の内装は大阪王将に比べると明るく、カウンターは厨房に面しているなど大衆的な雰囲気です。メニュー数や値段は大阪王将とそんなに変わらないようですが、餃子の王将は餃子といえば「焼き餃子」のみ、天津飯やチャーハンなどシンプルな中華料理が多いようです。

注文の際、メニューを店員さんが厨房に伝える時に使われる「王将用語」と呼ばれる独特な中国語は有名ですよね。これも餃子の王将だけで見られる光景です。

(餃子の王将の隠語の一例動画)

大阪王将とは

大阪王将は、東京に本社を置くイートアンドが展開する中華料理チェーンの名称です。

王将フードサービスの創業者の親類がのれん分けという形で1969年に独立し、大阪に立ち上げた「王将」が始まりです。

京都王将と同様に人気となり、「大阪王将食品」として法人化、順調に全国展開を進めていましたが、王将のお膝元である京都にまでも出店しました。

京都王将側が「会社組織が別なのに2つの王将があると、お客様に誤解を招く!」とのことから、大阪王将食品に対し店舗名に「王将」の名称を使用しないよう求めるも折り合いがつかず、訴訟となりました。

その後「餃子の」の名称は使用せず「大阪王将」または「中華王将」として「王将」を使用できるという形で和解となりました。

後に大阪王将食品からイートアンドと改称し、大阪王将の他にも「よってこや」「太陽のトマト麺」「RBaker」「厨花」などを展開し、また、外食事業以外にも冷凍食品をはじめとする食料品の販売事業も展開しています。

お店の内装は店舗によって異なるようですが、餃子の王将に比べ照明も薄暗く居酒屋の様な雰囲気です。看板も店舗により違いはありますが、多くは大阪城の中心に「王将」の文字が入っているものです。

メニュー数はあまり変わらないようですが、大阪王将の方が水餃子やふわとろ天津飯など創作性に富んだメニューが豊富なようです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.