スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「大雨」と「豪雨」と「暴雨」の違い!それぞれの意味や特徴、使い方を解説!

投稿日:2019年1月13日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「大雨」は、災害が起こる危険性が今後ある激しい雨の状態です。

 

「豪雨」は、過去に発生した著しい災害を伴った顕著な大雨現象のことです。

 

「暴雨」は、急に激しく降る雨のことです。

雨の強さを示すために気象情報で「暴雨」という言葉を使います。

大雨の特徴詳細

地域によって地形が違うため、災害が起こる可能性も変わります。

なので、地域によって大雨と判断される基準も異なります。

大雨によって災害の危険がある時には、地域の基準に基づいて

「大雨注意報」が出されます。

 

さらに、短時間に数年に一度しかない大雨となる危険がある時には

「記録的短時間大雨情報」が出されます。

豪雨の特徴詳細

これまでに起きた災害を伴った大雨や特定の地域で過去にあった災害を

指す時に使われます。

なので、

「これから豪雨の危険性がありますので気をつけて下さい」

というような使い方はしません。

 

「○○豪雨に匹敵する大雨の可能性があるので、不要な外出は控えましょう。」

と使われ方になります。

 

あくまでも過去にあった雨を伴う災害に使われる言葉で、

現在の状態やそれより先の気象現象について表す言葉ではありません。

暴雨の特徴詳細

にわか雨や夕立のように、突然降り出す激しい雨です。

積雨雲によって急激に天気が変化し、一時的にたくさんの雨が降る状態です。

30分程度で止むコトが多いのが特徴です。

 

また、雨と一緒に強い風が起きることが多いです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-自然
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.