スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「中吉」と「半吉」と「吉」と「小吉」と「末吉」の違い 正しい順番は?

投稿日:2019年1月14日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

実は地域や神社、お寺によって意味が異なるので

どれが一番良いのかは決まっていません。

なので、ご自分でおみくじを引いた神社やお寺で直接聞いてみましょう!

 

一般的に「吉・中吉・小吉」の意味をどう捉えるかによって順番が異なります。

 

パターン① 中吉→小吉→吉→半吉→末吉

パターン② 吉→中吉→小吉→半吉→末吉

 

本来おみくじは吉凶を占うものではなく、神様からのアドバイスなので

順位で表すことはできないとも言われています。

それぞれの吉の意味

「中吉」は、一般的には、大吉の次に運勢が良いという意味です。

この場合は、吉よりも上と見なされます。

 

ただし「いいコトは中くらいですよ」という意味合いの時もあります。

そのため、大吉や吉の次に運勢が良いとする神社やお寺もあります。

 

「半吉」は、良いコトも悪いコトも半々にあるという意味です。

半吉のない神社やお寺が多く、実はレアなおみくじです。

 

「吉」は、普通に今年も運勢が良いですという意味です。

大吉の次に良いとする場合と大吉、中吉の次に運勢が良いとする

神社やお寺もあります。

 

小吉は、どちらかと言えば、今年はまあまあいい方ですという意味です。

少しだけ良いコトがありますよということになり、

この場合は、「大吉→吉→中吉→小吉」となります。

 

その一方で、良いコトがありますよという肯定的な意味のコトもあります。

この場合は、「大吉→中吉→小吉→吉」となります。

 

「末吉」は、現状は運気が良くありませんが、

努力次第ではこれから運が開ける可能性もありますという意味です。

したがって吉の部類の中では一番下となる場合がほとんどです。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-文化・行事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.