スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「お参り」と「お詣り」の違い 使い分けは?参拝時間、お賽銭の作法も

投稿日:2019年2月4日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

おまいりする「場所」の違いです。

 

「お参り」は、仏様のいる寺院仏閣を訪れる時に使う言葉です。

さらに、先祖の墓や仏壇に対しても使われます。

 

「お詣り」は、神様を祀っている神社を訪れる時に使う言葉です。

お参りの意味と使い方

「お参り」は、仏様に会いに寺院仏閣や墓を訪れるコトです。

手を合わせ合唱し、仏様に祈りを捧げます。

つまり「お参り」は、仏教に対して使う言葉です。

【スポンサードリンク】

お詣りの意味と使い方

「お詣り」は、神社の神様に願いを捧げたり誓いを立てると言う意味です。

手を叩き神様に来訪した合図を告げてから礼をします。

つまり「お詣り」は、神道に対して使う言葉です。

お参りの時間は

お墓へ「お参り」する時間は、一般的に午前中が良いとされています。

ただし、お盆の時はご先祖様が家に帰って来るので例外です。

そのため、お盆のお迎えの日は15時から17時に、

お帰りの日は17時から19時くらいに「お参り」をします。

 

寺院への「お参り」、神社への「お詣り」は、

仏様や神様に一早く願いを届けるために午前中の早い時間に行います。

ですが、時間が取れない時などは、何時に行っても構いません。

【スポンサードリンク】

お参りの賽銭の相場は?

賽銭は、神様から受け取ったご利益に対して奉納するお金です。

なので、お賽銭に相場はありません。

自分自身の気持ちで奉納してください。

参考までにお賽銭の平均金額は、約150円です。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-文化・行事, 未分類
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.