スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「年末調整」と「源泉徴収」の違い 詳しく解説します!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

年末が近づくと働いてる人にとってはよく耳にする「年末調整」と「源泉徴収」という言葉ですが、その違いや意味をざっくり説明すると、

・年末調整とは、給与所得に関する所得税額を計算する手続きのことをいいます。給与所得者が毎月給与から引かれている“所得税”を、年末に清算するという仕組みです。

・源泉徴収とは、給与や報酬などを支払う“支払い者”が、それらを支払う際に、金額から事前に所得税などを差し引いて支払いを行う制度のことをいいます。

【スポンサードリンク】

年末調整とは?

「年末調整」とは、1月から12月の1年間の収入から税金を計算し、すでに給与から天引きしている所得税額の合計額から清算することで納税が完結するという仕組みのことをいいます。

毎月天引きされている所得税額は、あくまで“概算”にすぎません。年間の納税額は1月から12月末までの年間収入から控除額を差し引いた金額に対し、所得水準に応じた税率を掛けたもので、12月の給与額が確定した後に正式な税額が計算できます。

この為、12月に雇用主が年末調整をすることにより、その年に納めた税金が“払い過ぎ”の場合は還付され、不足している場合には徴収されます。これは給与を支払う側の義務となっています。

源泉徴収とは?

「源泉徴収」とは、会社や個人が給与や報酬を支払う際に、その都度支払い金額に応じた所得税などを差し引き、従業員などの代わりに国に納めることをいいます。

日本の所得税は「申告納税方式」と呼ばれる、個人が自分の収入を集計し税金を計算し、納税する方法がとられていますが、全国民が税務署で申告手続きを行うと大変なことになってしまいます。

そこで、給与や報酬などの法律で定められた支払い者が、支払いを行う際に、それに関わる税金(所得税)を差し引いて支払います。その差し引かれた税金を定期的に国に納付する制度が導入されました。この制度を「源泉徴収」といいます。

源泉徴収は“概算”であるため、12月に「年末調整」が行われます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.