スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「桃の節句」と「ひな祭り」の違い それぞれの由来や食べ物

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

桃の節句:中国から伝わった3月3日の「上巳の節句」のこと

ひな祭り:草や藁で作った人形で体を撫でて、川に流すことで厄払いをしていた行事と、平安時代の貴族階級の女の子が神の人形遊びである「ひいな遊び」が合わさってできたもの

桃の節句とひな祭りは、女の子のための華やかな行事を指し、現在では大きな違いはありません。

【スポンサードリンク】

桃の節句とは?由来や食べ物

桃の節句は、中国から伝わった3月3日の「上巳の節句」のことで、旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲く新暦の4月上旬ごろになります。

桃の花には、悪い気を退治する力があると考えられており、鬼退治をする「桃太郎」の名前も桃から生まれただけではなく、悪いものを退治するというところからきているとの説があります。

また、3月3日の「上巳の節句」が「桃の節句」に設定されたのは比較的歴史が浅く、江戸時代です。

桃の節句には、桃・緑・白の3食を重ねた菱形のお餅「菱餅」をいただきます。
菱餅の色、桃色は解毒作用や健康祈願、桃の花を表現しており、また、緑色は新緑などの春をイメージ、白色は清浄や残雪など、それぞれに意味合いがあります。

またちらし寿司は、色合いもよく、大勢の人をおもてなしするのに大変便利なお料理です。

加えて、お節料理と同様ちらしずしに入っている食材に、意味や由来、願いが込められており、大変おめでたいお料理の一つです。

桃の節句にはハマグリのお吸い物をいただきますが、ハマグリは将来の良縁を望んで夫婦円満などの願いが込められています。

【スポンサードリンク】

ひな祭りとは?由来や食べ物

雛人形は、もともと草や藁で作った人形で体を撫でて、川に流すことで厄払いをしていた行事と、貴族階級の女の子が神の人形遊びである「ひいな遊び」が合わさってできたとの説があります。

「ひいな」には小さくてかわいらしいものという意味と、大きいものを小さくするという意味があり、人形と意味が重なることから、いつからか人形は「流し雛」と呼ばれるようになり、現在でも鳥取県で行われています。

江戸時代以降は人形作りの技術も上がり、流し雛が豪華になったことで雛人形は川に流すものではなく、飾るものへと変わっていきました。

加えて、災いが起きたときに身代わりになってもらうべく、女性は雛人形を持って旅行や嫁入りの際は、道中を過ごしました。

そして、夫婦円満を願って男女対の雛人形が作られるようになりました。

雛人形は、節分、立春、雨水(2/19頃)に出すと縁起がいいですが、都合が悪い時はお天気のいい大安吉日に、家族そろって飾るといいでしょう。

雛人形を遅くまで出していると、婚期が遅れるという話をよく聞きます。

これには「片付けができない人は、家事もできない」「長く雛人形を出していると、一度身代わりになってもらった厄を、再び拾ってしまう」という2つの理由があるとの説がありますので、雛祭りが終わると、空気が乾燥したお天気のいい日にできるだけ早く片付けるようにしましょう。

雛祭りも桃の節句同様、菱餅・ちらし寿司・ハマグリのお吸い物をいただくのが一般的です。加えて、ひなあられをいただきます。ひなあられは、菱餅を外でも食べられるように菱餅を砕いて作ったという話があります。

雛あられも菱餅同様、桃色、緑、白の三色のものと、黄色が加わった四色のものがあり、この四色は式を表しており、雛あられを食べることで自然のエネルギーを体内に取り込み健やかな成長を願ってとの思いが込められています。

豆知識として、雛あられは関東と関西で違い、関東では甘いポン菓子に混じって緑とピンクの粒が入っており、関西では直径1センチぐらいの醤油や塩で味付けされたあられです。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-文化・行事
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.