スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「モモンガ」と「ムササビ」の違い 大きさや種類、ペットにしてOKか調べてみた

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

モモンガ:体長15cm〜20cmのリス科リス亜科モモンガ属の哺乳類のことです。

ムササビ:体長25cm〜50cmのリス科リス亜科ムササビ属の哺乳類のことです。

モモンガとは?

体長15cm〜20cm、体重150g〜200gの夜行性の哺乳類です。

世界各地に生息していて、約45種類います。

主に木の葉や木の芽など植物を食べています。

 

ムササビとの違いには体の大きさの他に尻尾の形、

飛膜のつき方があげられます。

モモンガの尻尾は扁平型で、前脚から後脚の間に飛膜があり、

約20m〜30m滑空します。

【スポンサードリンク】

ムササビとは?

体長25cm〜50cm、体重400g〜1500gの夜行性の哺乳類です。

日本に生息しているネズミの中では最大の部類で、

東アジアや東南アジア、南アジアに8種類生息しています。

 

主に木の実や樹皮、どんぐりなど植物を食べています。

尻尾は円錐型で、前脚から後脚の間と後脚から尻尾の間に飛膜があり、

約40m〜50m滑空します。

種類、大きさ

モモンガ

体長15cm〜20cmほど

・ニホンモモンガ

・エゾモモンガ

・アメリカモモンガ

など

 

ムササビ

体長25cm〜50cmほど

・カオジロムササビ

・ホオジロムササビ

・シロフムササビ

など

ペットにできるのか?

ムササビは鳥獣保護法でペットとしての

飼育が禁止されています。

モモンガはアメリカモモンガなど種類は

決まっていますがペットとして飼育することができます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-動物・植物
-, , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.