スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「ねずみ講」と「マルチ商法」の違い どちらも違法なの?共通点はどこなのか?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

ねずみ講

違法であり、特定の商品を扱わず、会員を増やすことで

利益を得るビジネスのことです。

マルチ商法

規制はされていますが合法で、商品を販売したり、

会員を勧誘することで利益を得るビジネスです。

ねずみ講とは?

高額な会員費を支払わせ、新たに会員に勧誘することで

会員費が半額は勧誘した人に、もう半額は上層部に

分配されるビジネスです。

 

勧誘していく(会員を増やしていく)ことで収入を得るため、

いつか必ず限界がくるビジネスとなっています。

1978年に無限連鎖禁止法が成立したため、

ねずみ講を開催・運営すること、勧誘すること、

加入することなど全て違法なビジネスとなっています。

マルチ商法とは?

会員が会社の商品を売る利益と、新たに会員に勧誘することで

キャッシュバックを受け取れる2つの収入源があるビジネスのことです。

特定商取引法のなかで連鎖販売取引とされていて、一応合法です。

 

しかし、「誰でも儲けられる」といった誇大表現での勧誘の禁止や、

勧誘の際にマルチ商法であることを伝えなくてはいけないこと、

一度勧誘し断られた場合、再度勧誘することの禁止といったように

様々な規制がされています。

 

マルチ商法という呼び名の他に

・ネットワークビジネス

・MLM(マルチレベルマーケティング)

とも呼ばれます。

2つの共通点

共通点としては、

・組織がねずみ算的に広がっていく

・紹介で広がっていく

・勧誘方法が酷似している

ことがあげられます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.