スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「味噌汁」と「おみおつけ」と「赤だし」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「味噌汁」とは、カツオや昆布などでだしを取り野菜や豆腐などを入れたものに味噌を溶き入れた、和風スープのことを言います。
・「おみおつけ」とは、味噌汁の丁寧語のことを言います。
・「赤だし」とは、赤味噌とだしを使って作った味噌汁のことを言います。

【スポンサードリンク】

味噌汁とは

「味噌汁」は、昆布やかつお、煮干しなどでだしをとったものに、野菜や豆腐、油揚げ、魚介類や海藻などさまざまな具を入れて味噌を溶かして調理する汁物で、日本料理の定番です。

味噌は、古代中国から伝わった「醤(ひしお)」と「草醤(くさびしお)」の製法から生まれたとの説があり、味噌汁は日本では室町時代ごろから食べられるようになりました。

味噌は保存食としての需要が高かったため、戦国時代は兵士の糧食として欠かせない大切なものでした。

おみおつけとは

「おみおつけ」は漢字で「御御御付け」と書き、ご飯と一緒に出す汁物の丁寧な言葉「おつけ」に味噌を表す「おみ」がついて味噌汁を表した室町時代の貴族が使った言葉です。さらに、丁寧な言い回し「おみ」がついて「おみおつけ」と言われるようになりました。

またもう一つ、汁の上に盛り上がるぐらいの、たくさんの具材が入っているものとの意味で「御実御汁食」と書かれ、山菜や海藻、旬のお野菜など豊富な具材を入れた汁ものを「おみおつけ」と呼ぶようになったとの説があります。

赤だしとは

「赤だし」は、赤味噌を使って作った味噌汁のことを言います。
赤味噌は、米麹・豆麹を使って作られ、大豆を蒸すときに分解されたたんぱく質がアミノ酸に変化したときに糖と反応することで赤褐色になります。また熟成期間が長いことで反応が進み、より濃い褐色になります。

赤味噌は長期の熟成に耐えられるように、塩分濃度が高めです。また、栄養価が高いのが特徴です。

主に愛知県を中心にした東海地方でよく食べられています。

(こちらが赤だしの味噌汁)

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.