スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「路」と「道」と「通」の違い それぞれの使い分け方とは?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「路」「道」「通」は基本的に同じ意味です。

・路は人が大勢通る、どこかへ行くための道
・道は目の前の道路の通称
・通は幹線道路など、みちよりも大きく整備された道

路という字を使う場合

「路」は、中国から来た漢字です。

「路」は、どこかへ行くためのルートであり、人が大勢通るみちを表すときに使います。人や車などが移動に使う通路のことを指しています。

また、石を敷いた道、太みちをつなぐ横の連絡みちという意味もあります。

道という字を使う場合

「道」も「路」と同様、中国から来た漢字です。
「道」は人が歩く、馬が通る、車が通るなどの場所であり、その用途や空間を表すときに使います。

また道義などのように、人が頭を向けて進んでいくみちなど社会のルールを守ろうとする意識という意味もあります。

直接関係ないですが、「道」という字に「首」が入っているのは、ほかの部族の首をとって歩いたからだと、漢字百話(白川静)では紹介されています。

通という字を使う場合

「通」」は、道よりも大きく、幹線道路などの整備されたみちを表すときに使います。

また、「通」は道そのものではなく、「大通り」などのように人や車が行き来するイメージを表すときに使われることが多いです。

【スポンサードリンク】

まとめ

「路」「道」「通」の使い分けについて、ご紹介しました。

そのほかにも「途」という「みち」を表す漢字もあり、簡単に使い分けるとしたら、「途」は車一台分の道幅、「道」は車二台分の道幅、「路」は車三台分以上の道幅と覚えるとわかりやすいでしょう。

しかし、一般的に一幅で使い分けることは少なく、どの漢字を使えばいいのか分からないときは「道」を使うといいでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.