スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「街」と「町」の違い どうやって使い分ける?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「街」とは人が集まっているところという意味があり、「町」よりも狭い範囲を表す言葉として使われます。
・「町」とは行政上の区画を表す言葉で、基本的に地名に使われるのは「街」ではなく「町」です。

【スポンサードリンク】

街の意味や使い方

「街」は、多くの人が集まる場所など、都市の中にあるデパートや商店街などの繁華街、または商業地区のことを言います。交通機関の駅やバスセンターなどの基点と重なることがある市街地を意味し、英語でいう「downtown(ダウンタウン)」に近いニュアンスで使われます。

「銀座の街角」「人通りが多い街」「街の灯り」「街を行きかう人」「若者の街」などといった使い方をします。

街は、「四方に通ずる道」「四方に通ず売る道に面した人家の群れ」「まちの一角」といったように、町よりも狭い範囲を表しており、「街」は「町」の中にあるものとして使われます。

【スポンサードリンク】

町の意味や使い方

「町」は、地区や地域の「まち」を表すときに使われます。

人家が多く集まっているところという意味があり、人がたくさん住んでいる、例えば城下町などを表すときに使われます。

また、住所などで使われる「町」のことを言い、行政区画の区分名として使われます。

「下町」「町ぐるみ」「町はずれ」「町医者」などといった使い方をします。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.