スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「レギンス」と「スパッツ」と「タイツ」と「トレンカ」の違い メンズはどれ?

投稿日:2019年1月13日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「レギンス」は、膝下もしくは足首までの長さがあり、

ファッションとして履くモノです。

 

「スパッツ」は、膝丈までの長さでトレーニング用の下着として履くモノです。

 

「タイツ」は、つま先から腰までを覆う履きモノです。

 

「トレンカ」は、トレンカレギンスとも呼ばれます。

つま先とかかと部分の生地がカットされており、土踏まずに引っ掛けて履きます。

レギンスとは

元々は、スパッツとレギンスは丈の長短の違うだけで、同じモノとして扱われていました。

しかし、ファッションの一部として売り出したいと考えた時に、

インナー色の強いスパッツと同じ名称では売れないと考え「レギンス」と名付けられました。

 

その結果、若者を中心にファッションの一部としてスカートや

ロングーワンピースの中に履く見せるインナーとして流行しました。

スパッツとは

昔は、現在のレギンスもまとめてスパッツと呼ばれていました。

レギンスと比べて生地が厚く、ストレッチ感が強いので肌に密着しやすく動きやすいです。

なので、サイクリングやランニングなどのスポーツを楽しむ際に着用されます。

 

また、防寒などのためにスカートやズボンのインナーとしても使用されます。

【スポンサードリンク】

タイツとは

防寒目的で作られた、ストレッチ素材の伸縮性のあるズボン状の履きモノです。

腰から足先をしっかり覆うので保温性に優れています。

最近では、冬だけではなく夏の冷房対策にタイツを履く女性も多いです。

トレンカとは

つま先と踵が露出しているのが、タイツとの大きな違いです。

また、くるぶしから先があるという点がレギンスとの違いです。

元々は、海外ではスキーウェアーとして日本ではバレエ用として

着用されていました。

 

2010年頃からファッションの一部として定着しました。

メンズの場合はどれ?

スポーツをする際に、夏場は「スパッツ」を冬場は「レギンス」を着用する人が多いです。

また、ファッションとしてメンズ用「レギンス」や「トレンカ」も着用されています。

さらに、防寒対策としてズボンの中に履くメンズ用「タイツ」も販売されています。

関連記事:「ももひき」と「すててこ」と「さるまた」の違い 使い方は?

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-ファッション
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.