スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「効果」と「効能」の違い それぞれの使い分け

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「効果」と「効能」。どちらもよく聞く言葉ですが、同じ意味合いで使っていませんか?「効果」と「効能」は似ているようで全く別の意味になります。二つの言葉の違いをざっくりと説明すると

効果:ある働きかけにより現れる望ましい結果、良い結果、効き目のことをいいます。
効能:良い結果をもたらす働きのことをいいます。

となります。似ている言葉ではありますが、意味は全くちがいます。

効果とは?どんなときに使う?

効果とは、ある行為・動作・操作などにより起こった望ましい結果のことをいいます。

ある原因から明確な因果関係により“結果”のことを「効果」といい、何らかの良い影響が与えられた“後”の状態を指します。

「薬の効果が現れる」「効果てきめん」「宣伝効果」などの言葉があります。

「効果」には他に映画や演劇などで、その場面に情趣を加える技術や方法の意味もあります。

効果の「効」は「効く(きく)」という意味で、「果」は「結果」「成果」の果を意味し、効果とは「何らかの働きかけがあった“結果”」と覚えておくといいでしょう。

【スポンサードリンク】

効能とは?どんなときに使う?

効能とは、ある物質により得られる効果のことをいいます。

医薬品や温泉の入浴・飲泉などによって、その効果を得る場合などに用いられます。

「効能」は「効果」とは違い、あくまでも“期待値”であり、何らかの物質や行動によって「こんなことが期待できますよ。」という意味合いになります。

「温泉の効能」「薬の効能」「殺虫剤の効能書き」などの言葉があります。「この温泉に入ると健康になる」という意味ではなく、「この温泉に入ると健康になると期待できる」ということです。

「効能」の「効」は効果と同じく「効く(きく)」という意味で、「能」は「能力」「性能」の「能」を意味し、効能とは「あくまでも状態に機能する結果をもたらす働き」と覚えておくといいでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.