スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「控除」と「還付」の違い 住宅ローンやふるさと納税で解説!

投稿日:2018年12月16日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「控除」とは「税金から一部金額を差し引く」ことです。

「還付」とは「支払いが多すぎた場合にお金が戻ってくる」ことです。

控除とは?

「控除」とは「差し引く」ことを意味します。

税金では大きく二つの「控除」に分類されます。

 

納めるべき所得税を計算する時に一定の基準をクリアすれば、

一定の金額が差し引かれる事を「所得控除」と言います。

 

例えば、年収400万の収入があったとします。

しかし、独身の独り暮らしと四人家族では同じ収入でも生活負担が違います。

その為、どちらもゆとりある生活水準を保てるような仕組みになっています。

その際の控除の種類は様々ですが、主に

「基礎控除」

「扶養控除」

「配偶者控除」

「生命保険料控除」

「社会保険料控除」

「医療費控除」

「寄附金控除」

等があり、各収入・各家庭により控除額は異なります。

 

もう一つは「税額控除」と言います。

違いは、収入や状況で控除される額が異なる所得控除に対して、

税額控除は控除される金額が決まっていることです。

主に

「法人税の所得税額控除」

「配当控除」

「外国税額控除」

「政党等寄附金特別控除」

「住宅借入金等特別控除」

などがあります。

【スポンサードリンク】

還付とは?

納税額が多過ぎた場合などに「還付金」として返金されます。

会社勤めの人は会社が「年末調整」を行ってくれますが、

自営業や会社勤めでも給料以外の収入がある人は、

「確定申告」をすることで「所得控除」「税額控除」された分が

戻ってきます。

住宅ローンはどっち?

「住宅借入金等特別控除」として「税額控除」の対象になります。

30年ローンで家を新築・購入・増築した人に対して適用され、

入居から最大10年、減税額も400万から500万となっています。

ふるさと納税はどっち?

「寄附金控除」として「所得控除」の対象になります。

ふるさと納税は好きな自治体に2,000円以上の寄附を行う事で

住民税の約1割にあたる金額が住民税・所得税から控除されます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.