スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「起訴」と「控訴」の違い 詳しくわかりやすく解説!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

ニュースでよく耳にする「起訴」と「控訴」という言葉ですが、その違いは何なのか、専門的な言葉なのでわかりにくいですよね。二つの言葉の違いをざっくりと説明すると、

起訴:刑事事件について裁判所の審判を求める意思表示のことをいいます(普通は検察官が行う)。
控訴:第一審の判決に対し、不服の申し立てを上級裁判所に対して行うことをいいます。

【スポンサードリンク】

起訴とは?

起訴とは「公訴の提起」とも呼ばれ、刑事事件において検察が捜査を進めていく上で、被疑者の容疑がほぼ確実だと判断した場合に、裁判所に判決をするよう法廷の手続きに従って求めることをいいます。

起訴は検察官にのみ権限があり(起訴独占主義)、被害者が刑事処罰を強く求めても、それだけでは起訴の効果が生じることはありません。起訴をするかどうかの最終的な判断は検察官が行うこととなります。
被疑者の立場から起訴を避ける為には、弁護人を通し訴えかけていくこととなります。

起訴には通常の起訴と簡易的な手続きによる起訴の2種類があります。

通常起訴:通常の起訴が行われた場合は、法廷において裁判手続きを行い、被告人の処遇を決定します。公判請求とも呼ばれています。

簡易的な手続きによる起訴:通常起訴のように厳格な審理を求めるものではなく、手続きは簡略化され、スピーディーに進めるものです。簡易的な手続きの起訴の場合は、長期化のおそれがなく、書面審理のみで完結したり、1回の期日で判決がなされたりします。

民事裁判の場合は起訴ではなく「提訴」といわれ、被害者が裁判所に訴え出ることをいいます。

【スポンサードリンク】

控訴とは?

控訴とは、第一審の判決に対して不服がある場合に、上級裁判所に対して、その判決の確定を遮断し、新たな判決を求める申し立てのことをいいます。

民事訴訟の場合は第一審裁判所の判決に不服のある当事者が控訴することができます。一般的に第一審が簡易裁判所であれば地方裁判所に、第一審が地方裁判所又は過程裁判所であれば、高等裁判所に控訴することができます。

刑事訴訟の場合、被告人または検察官が控訴することができます。通常の控訴審は、高等裁判所が担当します。

控訴した上で、その判決に不服がある場合は、3回目の裁判を行うことができ、これを「上告」といいます。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.