スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「除菌」と「殺菌」と「滅菌」の違い 意味や使い方をわかりやすく説明します

投稿日:2019年1月5日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「除菌」は、

細菌やウィルスを減らすことで死滅させる意味ではありません。

 

「殺菌」は、

細菌やウィルスを完全に死滅させることです。

ただし、どのくらい死滅させるかと言うハッキリとした数値はありません。

 

「滅菌」は、

熱や薬剤などを使って細菌やウィルスを完全に死滅させて、

無菌状態にすることです。

除菌の意味と使い方

「除菌」の意味は、衛生さを保つために、

増殖の恐れのある菌を一定の数値まで減少させることです。

 

衛生法によると、

『洗い流すことで菌を1/100以下までにすること』

と記載されています。

 

ただし、カビや酵母などの真菌類は対象外です。

台所用洗剤や洗濯用洗剤、漂白剤などの雑貨品に使われる言葉です。

【スポンサードリンク】

殺菌の意味と使い方

「殺菌」は、菌を殺すことです。

 

例えば、菌数100のウチの1つでも殺せば「殺菌」となります。

なので、菌がどのくらい死滅するのかは非常に曖昧です。

 

薬用石鹸などの医薬品や医薬部外品に使われる言葉です。

減菌の意味と使い方

存在しているあらゆる菌を完全に除去することです。

ですから、細胞からできている人の体を滅菌することはできません。

 

また、煮沸消毒などの一般的な消毒では滅菌は不可能なため

特別な用具を用います。

病院で扱う手術道具やガーゼーなどに使われる言葉です。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-医療・健康
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.