スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「基準」と「規準」の違い 評価する時の使い方は?

投稿日:2019年1月13日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「基準」は、何かを測る時や比較検討する時の標準や数値です。

ただし、物事の判断や宗教などでも「基準」という言葉を使います。

 

「規準」は、考えや行動の手本や規則です。

基準とは?評価する場合の使い方

「基準」は、物事を判断する際のベースという意味です。

また、数値を測定する時に使われるベースとなる測定値を

「基準値」とも呼びます。

 

教育現場などでは量的な評価をする時に「基準」を使用します。

 

例)

・飲料水としての品質基準をクリアーしないといけない。

・テストの採点基準が間違っていた。

・国語、数学、英語の教科ごとに判定の数値となる「基準」の点数を決めた。

規準とは?評価する場合の使い方

物事を思考、判断する時に必ず守らなくてはいけない

規則やルール、社会的な規範です。

なので「規準」には、具体的な数値はなく抽象的な概念となります。

 

教育現場などで質的な評価をする時に「規準」を使用します。

また、大まかな種類ごとに分けられているものを判断する時にも使われます。

 

例)

・法的な規準に従って行動しよう。

・女らしさの規準なんて時代錯誤もいいところだ。

・国語、数学、英語の教科ごとの学習の分析のお手本となる規準を作った。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.