スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「川」と「河」と「江」の違い それぞれの使い分け方

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

川と河と江は、川の大きさで使い分けられることが多いです。

中国では、

・「川」は溝
・「河」は「川」よりも50倍ほど大きい場合。曲がりくねったという意味もある。
・「江」は「河」よりも大きな川。中国の南部で使われる言葉。

という意味で使われています。

日本でいう「河川」は、中国で直訳すると「曲がりくねった溝」となります。確かに中国には大河が多く、日本の川は中国から見たら「溝」に見えるのかもしれません。

日本では、外国の川は「川」であらわされるようになりましたが、中国の川はもともとが漢字の状態で表記されているので、日本でもそのまま「◯◯河」や「◯◯江」が使われています。

また、日本では特に区別することなく全て「川」の字が定着しています。

【スポンサードリンク】

川という字を使う場合

自然の水が自然の地表を流れる水路を言います。

雨水や雪など、自然の水が陸地のくぼみなどを海や流れて注いでいく場所のことで、自然の水が流れる場所のことを言い、「用水路」や「下水道」など自然の水でないものが流れる場所は、別の名称があります。

河を使う場合

「曲がりくねった」という意味や「川」よりも大きな川をさします。

川と河を使い分けるのは中国だけで、またその中国でも北部では「河」、南部では「江」と変わります。

また川の大きさで使い分けられ、「河」は川の50倍ほどの規模の時に使われます。

スケールの大きさや雄大さを表したいとき、例えば「大河」や「時の河」などの場合はこちらの「河」を使うことが多いです。

【スポンサードリンク】

江という字を使う場合

とても大きな川や湖、また大きな川の河口付近をさします。

中国大陸を流れる大きな川の名前は「長江」といい、琵琶湖などのような大きな湖をさすのに使われることもあります。
「川」「河」よりもスケールが大きく、「とても大きな川」を示すときに使います。

ただ、日本ではあまり馴染みのない言葉ですね。

まとめ
「川」「河」「江」は、それぞれに少し違いがあることが分かっていただけたでしょうか?

日本では、外国の川は日本に入ってきたときにほとんどが「川」であらわされるようになりましたが、中国の川はもともとが漢字の状態で表記されているので、日本でもそのまま「河」や「江」が使われています。

また、日本では「川」の字が使われることが多く、読みやすく定着しています。

加えて、「河川」という言葉もあり、それぞれを上手に使い分けられるように文字を選ぶようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-自然
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.