スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「皮」と「革」の違い 意味と使い方

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「皮」とは、動物から剥いだ皮、つまり「原皮」のことを言います。
・「革」とは、素材に変化が起きないように加工したものを言います。

【スポンサードリンク】

皮とは?意味と使い方

「皮」は英語でいうと「Skin」のことを言い、動物から皮をはいだ原皮の状態のことを言います。そのままの状態で置いておくと腐ってしまう状態のものが「皮」です。

つまり「動物や植物の皮膚をはぎとっただけの生の状態のもの」を皮と呼びます。

「手の皮」や「みかんの皮」など動植物の外側を覆っている膜のことを皮と呼び、「餃子の皮」や「饅頭の皮」など物の表面を覆っているものを総称して「皮」と言います。

また比喩的に使うこともあり、「化けの皮」や「欲の皮」など物事の本質を覆っていることを表す言葉でもあります。

【スポンサードリンク】

革とは?意味と使い方

「革」は英語でいうと「Leather」のことで、動物の皮が腐敗したり硬化することを防ぐために加工されたもののことを言います。

動物の皮から毛や脂肪など無駄なものを取り除いたものを、動物の渋(しぶ)やクロムという薬品につけて「なめし加工」したものが「革」です。つまり「天然のものではなく、加工した状態のもの」を革と呼びます。

革靴や革カバンも「皮」を加工した「革」を使用しているので「皮靴」と書くのは間違いです。

ただし「毛皮」は加工はしてありますが毛を剝いでいないため、毛革ではなく毛皮と書きます。

加えて「革」には新しくするという意味があり、「革命」や「革新」という熟語に使われています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.