スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「仮想通貨(暗号通貨)」と「電子マネー」と「ポイント」の違い

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

・「仮想通貨(暗号通貨)」とは、
 オンラインゲーム内で使う通貨やWebサイト内の実で使えるポイントやビットコインなど、実際の紙幣などが存在しない仮想の通貨のことを言います。

・「電子マネー」とは、
 端末やカードに入金はできますが払い戻しができず、また紙幣や硬貨は使わずに電子的に決済を実現する手段の一つのことを言います。

・「ポイント」とは、
 ネットショッピングやお店で買い物をしたときに付与されるサービスのことを言います。

【スポンサードリンク】

仮想通貨・暗号通貨とは?

「仮想通貨」は、目に見えない「仮想の通貨」のことで、インターネットを通じてのサービスの対価に使われます。

インターネットを通じての取引や決済を行う新しい決済手段で、全世界で約3000種類以上あるとのデータがあります。仮想通貨との呼び方は日本での呼び名であり、主に海外では「暗号通貨」と呼ばれます。

仮想通貨には「発行管理者がいない」「不正な発行や悪用を防ぐための暗号化の技術がある」「海外への送金の際の手間やコストが少ない」などの特徴があります。

仮想通貨の発行は、利用者たちがネットワーク上での取引履歴を保管しあい、有志が供出する計算資源により計算されたもので行われます。

また海外への送金は、普通のお金であれば「送金手数料」「為替手数料」「受取手数料」があり、送金手数料はだいたい4000円、為替手数料は1ドル1円ほど、受取手数料は相手方の金融機関によって違いますが、仮想通貨では世界中どこへでも一律数円で送金できます。

これからの時代の新しい通貨として世界の注目を集めています。

電子マネーとは?

「電子マネー」は、あらかじめチャージやクレジットカードでの引き落としを設定したカードやスマホなどで支払いをすることができる「電子のお金」のことです。

電子マネーでの「チャージ」とは「お金を補充する」という意味です。先払いの「プリペイド型」後払いの「ポストペイ型」があります。

最近は、SuicaやPASMOを代表とする交通系の電子マネーと、EdyやWAON、nanacoを代表とする商業系の電子マネーの二つの電子マネーがあります。

交通系の電子マネーでは1枚のカードで主要10社が全国相互利用できたり、駅の売店などでも使える店が増えています。また商業系の電子マネーでは、コンビニやスーパー自動販売機などさまざまなところで使用できます。

【スポンサードリンク】

ポイントとは?

「ポイント」はネットショッピングやお店で買い物をしたときに付与されるサービスです。

ポイントは発行された人が利用すると利用した分、ポイントが減ります。

最近では銀行のポイントから有名なものではTポイントなど、さまざまなものにポイントが付いており、基本的に発行した企業が割引サービスとして販促の一環として提供しているものであり、現金への払い戻しはありません。

また、ポイントの中には有効期限を設けているものも少なくありません。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.