スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「順守」「遵守」「尊守」「厳守」の違い 意味と使い方

投稿日:2018年5月14日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「順守」と「遵守」は同じ意味で「規則や規律などを守る」

という意味で、どちらも「じゅんしゅ」と読みます。

「尊守(そんしゅ)」は、「遵守」の誤記、ご変換です。

「厳守(げんしゅ)」は約束・規則などをかたく守ることです。

順守の意味

「順守」とは、規則や法律などにしたがい、それを守ること。

遵守の意味

「遵守」の意味は、「順守」と全く同じです。

ではなぜ「遵」と「順」2つの漢字が使われているのでしょうか。

 

もともとは「遵守」の方が使われていましたが、

昭和29年3月の国語審議会報告の当用漢字補正資料で

「遵」は当用漢字表から削除される候補28字の中に入っていました。

そのため、日本新聞協会は翌4月1日からこの補正資料を採用し、

「遵守」を「順守」に変更することに決めたのです。

 

しかしこの当用漢字補正資料はあくまで資料であり、決定事項では

なかったため、結局、昭和56年に当用漢字表は廃止になり、

新たに常用漢字表が制定されました。

常用漢字表の中には「遵」もありましたが、

新聞協会では当用漢字補正資料を30年近くも採用していた経緯から、

今更もとには戻せずに「順守」を使っているようです。

【スポンサードリンク】

尊守の意味

「尊守(そんしゅ)」という言葉は、辞書を引いても出てきませんし、

パソコンでそんしゅと打っても変換されません。。。

「遵守」の誤記、誤変換のようです。

厳守の意味

「厳守」の意味は、約束・規則などをかたく守ることです。

それぞれの使い方

「順守」と「遵守」の使い方は、、、

・「ガイドラインを遵守・順守する」

・「利用規約を遵守・順守する」

・「規則を遵守・順守する」

などが例としてあげられますが、「順守」「遵守」どちらを

使うかに関しては、新聞では「順守」が使われていますが、

公用文やビジネス文書では「遵守」を使うことが求められて

いますので注意しましょう。

 

また、「厳守」の使い方としては、「時間を厳守する」や

「規則を厳守する」などが上げられます。

”厳しく守る”という意味ですので、簡単に言うと

「規則を遵守(順守)する」は、単に規則を守ることに対して

「規則を厳守する」は、規則を厳しく守るという表現になります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.