スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「常務」と「専務」の違い どちらが上で偉い?順番がわからない人必見!

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

どちらも社長を補佐する立場です。

わかりやすく例えるならば、

「専務」は社長と団結して会社を引っ張り成長させていく父親的存在

「常務」は社長をはじめ会社全体を包容してサポートしてゆく

母親的存在と言えばイメージがしやすいでしょう。

常務の意味

「常務」とは正確には「常務取締役」の略となります。

社長の補佐をしつつ、会社全体の日常をサポートするのが主な業務となってます。

社長と専務との取り決めを会社全体に伝達したり、

スムーズに会社の業務が進むように動くのが務めです。

専務の意味

「専務」とは正確には「専務取締役」の略となります。

社長の業務を専属補佐するのが主で社長と共に会社の経営方針や

戦略などを考えたりと様々なサポートするのが主な業務となってます。

どちらが上?どちらが偉い?

ほとんどの場合は「会社法」という法律によって

会長・社長・副社長・専務・常務・取締役の順で役職が設置されている為、

一般的に言えば専務の方が上となりますが、

会社によっては逆の場合もあるので一概には言えません。

また、常務と専務は一人ずつとは限らず、複数いる場合があります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.