スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「ジャケット」と「スーツ」の違い 女性の場合も同じ?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

・「ジャケット」とは、上着だけで販売されているものを言います。

・「スーツ」とは、上下が同じ生地で作られ、上下セットで販売されているものを言います。

ジャケットとは?

「ジャケット」は上着のことを言い、現在の主流はスーツに比べて着丈が短いものなどカジュアル使用で使われることが多いです。

14世紀半ばに、農民の方々が着ていたひざ丈の作業着の上着が始まりで、その作業着が「ジャック」と呼ばれていたことが語源です。

ジャケットは前開きのものだけではなく、上からかぶって着るタイプのものも含まれます。

コートのように丈が長めのものやジャンパーなどもジャケットの一種です。

【スポンサードリンク】

スーツとは?

「スーツ」は上下同じ生地で作られたジャケットとスラックスのツーピース、またはベストをプラスしたスリーピースの一式を表すものです。

スーツは上下でそろっていることが絶対条件の一つで、ネクタイもセットと考えるといいでしょう。

スーツスタイルは、19世紀のイギリスで誕生し、コートにホワイトシャツ、少し明るい色のズボン、ステッキ、シルクハットが紳士服の定番でした。

紳士服に既製品ができたことで、貴族だけではなく中流階級や労働階級にもスーツが広まりました。

20世紀になり、現代のスーツの原型であるラウンジスーツが登場し、アメリカのビジネスマンが仕事着として着用し始めたことから、男性にとって仕事やプライベートで大切なアイテムになりました。

女性の場合は?

女性の場合も男性と同じで、スーツは上下セットのものを言います。

ジャケットは、カジュアルなシーンやオフィスなど、さまざまなシーンで使うことが多いです。

スーツのジャケットは、ヒップの真ん中ぐらいのものが基本ですが、腰骨のあたりまでの長さを選ぶのもオフィスでのマナーとしてはバランスよく使えます。

パンツスーツの場合は、パンツの形がタイトなものではなく少しゆとりのあるものを選ぶといいでしょう。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-ファッション
-, , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.