スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「池」と「湖」と「沼」の違い 使い分け方は?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「池」と「湖」と「沼」の違いは、

・池:人工的に作られたもの。
・沼:水草が全面に生えている天然にできたもの。
・湖:水草の生えない深い場所がある天然にできたもの。

となります。以下で詳しく解説します。

池とは?

池とは、人工的に地面を掘って、水をたたえたところのことで、主に庭園に風趣を添えるために作られたものです。

貯水池や農業用のため池なども「池」と区別されます。

また、自然に地面にくぼみができ、そこに水が溜まったものも「池」と呼ばれる場合があります。通常は湖ほど大きくないものを指します。

湖とは?

湖とは、四周を陸地に囲まれた大きな水溜りのことで、水深が5~10メートルほどの湖沼のことを指します。

沿岸植物が生育できない深い湖盆(5メートル以上)を持ちます。

日本では昔「水海(みずうみ)」または「淡海(あわうみ)」と呼ばれており、淡水からなる水域を表していましたが、淡水と海水が混ざっている「汽水湖」も存在します。

一般的には自然にできたものを指しますが、ダムなどの貯水池を「人工湖」「人造湖」などと呼ぶように、人工的に作られた湖も存在します。

沼とは?

沼とは自然に水をたたえたところ、どろ深い大きな池のことをいいます。

一般的に水深5メートル以内の水域であり、イネ科やシダ・ヨシ・ガマ・スゲなどの水草が全面に生えており、透明度が低く、規模があまり大きくないものを指します。

湖沼学上では、水深が浅く水底中央部にも沈水植物(水草)の生育する水域と定義されています。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-自然
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.