スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」と「ジェラート」と「シャーベット」の違い 歴史や発祥地を教えます!

投稿日:2019年1月5日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「アイスクリーム」は、乳固形分10%以上、その内の乳脂肪分8.0%以上の冷たいお菓子です。

「ソフトクリーム」は、乳等省令上はアイスクリームの1つですが、製品の管理温度が違います。

「ジェラート」は、乳脂肪分が5〜8%前後の氷菓子です。

「シャーベット」は、乳固形成分が3%未満の氷菓子です。

アイスクリームはいつどこで生まれた?

アイスクリームは、1720年にパリで生まれました。

ホイップクリームを凍らせた乳成分たっぷりの

「グラス・ア・ラ・シャンティー」が、アイスクリームの始まりです。

ソフトクリームはいつどこで生まれた?

ソフトクリームは、1931年にアメリカで生まれました。

でき立ての柔らかいアイスクリームを作り出す

「オートマティック・ソフトサブマシーン」が発明されたことで、

ソフトクリームが作られるようになりました。

ジェラートはいつどこで生まれた?

ジェラートは、16世紀にフランスで生まれました。

当時の貴族がスペイン王を招待した時に、

クリームに砂糖を加えて作った冷菓が現在のジェラートの始まりです。

シャーベットはいつどこで生まれた?

シャーベットは、イタリアで生まれました。

16世紀中頃に、隕石を利用した保冷技術が開発されました。

これにより、飲み物などを原料とした現在のシャーベットが

作られるようになりました。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-食べ物・飲み物
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.