スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「幽霊」と「亡霊」と「怨霊」の違い 英語で言うとどうなるの?

投稿日:2019年1月14日 更新日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

「幽霊」は、亡くなった人が成仏できずに現れた者です。

「亡霊」は、亡くなった人の魂です。

「怨霊」は、自分が受けた仕打ちに恨みを持って、たたる死霊や生霊のコトです。

幽霊とは?英語で言うと?

「幽霊」は、肉体が死んでしまっても魂だけは

生き残ってこの世をさまよっている者です。

 

当初は、家や人を見守ってくれるありがたい者として扱われていました。

しかし、次第に、非業の死を遂げた人達が、恨みをはらすために姿を現すと

考えられるようになりました。

 

英語では「ghost(ゴースト)」が一般的に使われます。

その他にも

・spirit(目に見えない霊的な存在)

・specter(人に恐怖心を与える怖い存在)

・spook(お化けという意味)

・wraith(人があの世に旅立つ前に見る生き霊的な存在)

も使用頻度の高い英語です。

【スポンサードリンク】

亡霊とは?英語で言うと?

「亡霊」は、姿形を指すのではなく、魂のみを指す言葉です。

なので「亡魂」と言われるコトもあります。

 

また、よみがえって欲しくないモノが再びやって来たと言う意味で

「亡霊」と言う言葉が使われます。

 

例えば、

・ナチスの亡霊

・軍国主義の亡霊

などのように例えられます。

 

英語では亡霊も幽霊と同じく「ghost」が一般的に使われます。

他にも「幽霊」と同じくspirit、specter、spook、wraithも

使用頻度が高いです。

怨霊とは?英語で言うと?

非業の死によって魂だけがさまよい、災いを起こすとされ

「怨霊」と呼ばれています。

 

また、肉体が生きていても強い憎悪の感情によって生き霊と

なって人にたたることも「怨霊」と呼ばれています。

 

「怨霊」は、強い憎しみと恨みを抱き、

様々な悪さをすることから昔から恐れられています。

 

英語では

「Revengeful ghost」

「a vengeful spirit 」

と言い、幽霊や亡霊と扱いが異なります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-自然
-, , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.