スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「旧い」と「古い」の違い 意味と使い方は?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

「旧い」と「古い」。どちらも「ふるい」と読みますが、それぞれの言葉の意味は同じなのでしょうか?どう使い分ければいいのかもわかりにくいですよね。2つの言葉をざっくりと説明すると、

旧い:その状態になってから長い年月が経過しているという意味。「旧」の字には、前まえからある。もとからある。などといった意味があります。

古い:こちらもその状態になってから長い年月が経過しているという意味ですが、「古」の字には、過ぎ去ったむかし。遠い前の時代。などといった意味があります。

【スポンサードリンク】

旧いとは?どんなときに使う?

「旧い」とは「古い」と同じく、成り立ってから、または現れてから長い年月を経ている、ずっと前からある、または使っている、といった意味ですが、「旧い」という表記は現在ではほとんど使用されていません。

「旧」という字の意味は、古いこと、古い物事、昔、以前、もと、今は主流ではない、過去のものとなっている、などの意味があり、接頭語に用いられます。「旧憲法」「旧街道」「旧制度」「旧式」「旧姓」など。

「古い」に比べると、「旧」という言葉は「新旧」という言葉に代表されるように、「現在との比較における過去」を指して使用されます。

【スポンサードリンク】

古いとは?どんなときに使う?

「古い」とは、存在するようになってから長い年月が経過している、昔のことである、(食べ物などが)新鮮でない、珍しくない、変化がないもの、時代遅れなもの、などという意味があります。

現在では「旧い」ではなく「古い」という表記が一般的には使用されています。

「古」という字は「いにしえ」とも読み、かなたに過ぎ去ってしまった昔、遠い前の時代などの意味があり、「旧」が「現在との比較における過去」を指すのに対し、「古」は「新しいものに対してふるい」という意味ではなく「絶対的な昔」を指します。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.