スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「効率」と「能率」の違い それぞれの意味や英語で言うと・・・

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

できる仕事の割合などを表す「効率」と「能率」という言葉。意味は似ていますが、明確な違いを理解して使い分けている、という方は少ないかもしれません。それぞれの言葉をざっくりと説明すると

効率とは、機械などの仕事量と、消費されたエネルギーとの比率や、費やした労力に対する仕事のはかどり具合のことをいいます。

能率とは、一定の時間内にすることができる、仕事の割合のことをいいます。

【スポンサードリンク】

効率の意味、英語で言うと

効率とは、機械が有効に働くことによりなされた仕事量と、それに供給した総エネルギーとの比率、または使った労力に対する、得られた成果の割合のことをいいます。

通常はパーセントで表され、機械の効率は有効仕事量と供給エネルギーの比で与えられます。

「効率」という言葉は、仕事の成果と、それに要する様々なコストとの相対的な比較を表す傾向にあります。労力が少なく、成果が大きいほど「効率が高い」といえます。

効率は英語では「efficiency(エフィシェンシー)」と表記します。

◯capital efficiency:資本効率
◯cost efficiency:コスト効率
◯economic efficiency:経済効率

などといった言葉があります。

【スポンサードリンク】

能率の意味、英語で言うと

能率とは、一定時間内にできる仕事の割合、仕事のはかどり方のことをいいます。

「一定時間以内に」という時間的な要素が強くなります。「仕事の能率が良い」「能率の低い工場」などといった使い方がありますが、「一定の期間を定めたうえで、その期間中にどのくらいの仕事をこなすことができるかの割合」といった意味で用いられます。

「能率給」という言葉がありますが、これは歩合給に近い給与体制になりますが、歩合給は「販売実績に対して使われる言葉」なのに対し、能率給は「販売以外の実績・研究などの実績に関して使われる言葉」です。

能率を英語で表記すると「効率」と同じ「efficiency(エフィシェンシー)」となります。

◯efficiency wages:能率給
◯an efficiency curve:能率曲線
◯an efficiency test:能率試験

などといった言葉があります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-言葉・漢字
-, , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.