スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「うなぎ」と「あなご」の違い 見分け方や栄養を比較!妊婦は食べても大丈夫?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと

うなぎ:ウナギ目ウナギ科の魚のことです。

あなご:ウナギ目アナゴ科の魚のことです。

うなぎの生態特徴

背中は黒色でお腹が黄色く、下あごがでていて、

尾びれの先端が丸くなっているのが特徴です。

 

また、ウロコがあり、皮膚呼吸・エラ呼吸を使い分けています。

 

産卵場所は海ですが、孵化した後に成長しながら川や湖などの

淡水に移動するため、基本的には淡水魚です。

【スポンサードリンク】

あなごの生態特徴

薄茶色で、側面に白い斑点模様があり、

上あごがでていて、尾びれの先端がとがっているのが特徴です。

また、ウロコはなく、エラ呼吸です。

産卵場所は海で、成長しても海の浅瀬で過ごすため、海水魚です。

栄養の違い

どちらも栄養価は高いですが、うなぎのほうが栄養価が高く

例えばレチノール(ビタミンA)という

肌の潤いを保ったりする効果のある成分は、

100gあたりうなぎが約2400μg、

あなごが約500μgと5倍近くの差があります。

 

あなごはカロリーがうなぎより低く、

カルシウムなどを多く含んでいます。

 

また、うなぎの方が脂質が多いため、こってりとした味がし、

あなごはあっさりとした味がします。

【スポンサードリンク】

妊婦はどちらも食べて大丈夫?

うなぎにもあなごにもレチノールが多く含まれていて、

これに注意が必要です。

植物に含まれるβカロテン(ビタミンA)は問題ありませんが、

動物性食品に含まれるレチノールを長期的に多量に摂取すると、

腹痛やめまいなどの症状が起きたり、

赤ちゃんに影響が出たりするため、

妊娠初期には量に気を付けた方が良い食品です。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-動物・植物
-, , , , , , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.