スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

「代表取締役」と「代表取締役社長」の違い どうやって使い分けするの?

投稿日:

LINEで送る
Pocket

ざっくり言うと・・・

会社の肩書きである「代表取締役」と「代表取締役社長」。どちらも同じ「会社のトップ」の意味なのでは?と思っている方も多いと思いますが、代表取締役と社長が必ずしも同じ人とは限りません。それぞれの言葉の意味をざっくりと説明すると、

【代表取締役】
株式会社を代表する権限(代表権)を持っている取締役のことをいいます。法律上においての「会社の代表者」のことを指します。

【代表取締役社長】
社長とは、会社や社団などにおける最高責任者の呼称のことで、多くは代表取締役と社長を兼ねている場合が多いため、その場合「代表取締役社長」という肩書きになります。

【スポンサードリンク】

代表取締役とは?使い分けは?

代表取締役とは、取締役会の意思決定に基づき、会社の代表として運営の舵取りをする者のことをいいます。

取締役は、株主から選任された「会社の方針を決める人」のことで、株式会社には必ず1名以上必要とします。

会社法においては、取締役会を設置しない会社については、各取締役が会社を代表することとなりますが、定款に定めのない限りは、取締役会の決議により取締役の中から選任されます。

多くの会社では、取締役の中に会長・社長・副社長・専務取締役・常務取締役という役付きの取締役を置いていますが、これらは法律上の地位ではなく、登記もできません。役付きであっても代表取締役に選任されていなければ、会社を代表する権限は得られません。

代表取締役の権限は、会社の代表と業務執行自体で、株主総会または取締役会という会議体の機関が「業務執行の決定」を行い、これに基づき会社の「業務執行自体」を行い、かつ会社を代表する権限を有します。

迅速性が要求される場合には、取締役会から委譲された範囲の中で、代表取締役自身で「業務執行の決定」がなされることもあります。

【スポンサードリンク】

代表取締役社長とは?使い分けは?

代表取締役社長とは、「代表取締役」と「社長」を兼ねている人の肩書きのことを指します。

代表取締役は上記で説明したように、取締役の中から選任された、会社を代表し業務執行を指揮する人のことですが、社長とは「職務上の地位」のことで、株主によって選任された取締役が決定したことを、他の従業員たちに指示し、業務を取り仕切る人のことをいいます。

多くの会社では代表取締役=社長であるため「代表取締役社長」という肩書きになります。

会長が代表取締役を兼ねている場合は「代表取締役会長」、また代表権のない社長の場合は「取締役社長」となります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

【スポンサードリンク】

-社会・経済
-, , , ,

Copyright© 違いの百科事典 , 2019 AllRights Reserved.